ふくしま〜!

アクセスカウンタ

zoom RSS ブライトリング・ジェットチーム、再び福島上空に!!

<<   作成日時 : 2013/08/20 11:16   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今年5月に福島県へやってきたスイスの高級腕時計メーカーであるブライトリング社のジェットチームの飛行が8月7日と8日の両日に再び実施されることになりました。前回予定していたいわき市でのショーが悪天候で中止となるなど予定していたプログラムが完結できませんでしたが、今回福島への再訪が実現しました。

ブライトリング・ジェットチームは今春からアジアツアーを開始し、その最後の地として福島県内でのフライバイやショーを予定していましたが、東日本大震災で甚大な被害を受けた太平洋沿岸地域のフライバイと、いわき市内でのフルショーは悪天候によって中止となり、チームは神戸空港に機体を留置し一時帰国していました。
8月に機体を取りに戻る予定となっていましたが、福島県内の子供たちから「また見たい」という強烈なラブコールを受け、福島県への再訪と、フルショーの実施が急きょ決定しました。

当日は福島空港を出発後、浜通りをいわきから相馬にかけてまわり、ふくしまスカイパークでエアショーを開催後、福島空港に戻るという行程で実施されました。

会場のふくしまスカイパークは予約しないと入れない状態だったので(^^;、近くの大笹生地区の水田地帯から撮影しました。

ブライトリング・ジェットチーム
画像


画像



いろいろと場所を探し回った結果、ここで撮影することに
画像


この場所だと何とかエアショーが見られるか?
画像


カメラはA77+18-200便利ズームとA700+75-300望遠ズームの二刀流でw
画像


相馬方面からブライトリング・ジェットチームが飛来
画像


画像


画像


画像


画像


画像


ふくしまスカイパーク上空へ
画像


画像


画像



画像



画像


エアショーをやっているその上空には航空機の姿が
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


最後に東日本大震災の犠牲者を追悼する思いを込めた編隊飛行「ミッシングマンフォーメーション」を披露
画像


画像


1機が天空へ舞い上がります
編隊飛行の途中で1機のみが上空へ離脱していきますが、これは天へと昇り行く故人を表すとされています。
画像


画像


画像


エアショーを終え、ブライトリング・ジェットチームは福島空港へ向かいます
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブライトリング・ジェットチーム、再び福島上空に!!  ふくしま〜!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる